others

世界最高齢プログラマー・若宮正子さんから学ぶ自由な発想と楽しく生きるヒント

スポンサーリンク

この記事を読んでくれているあなたは、今を楽しく生きられていますか?

時代が刻々と変化していく中で、焦りや不安があったり、

今の仕事に不安を抱えていたり、

やってみたいことはあるけれど、いまひとつ踏み出せずに諦めてしまっていたり・・・。


こういうことで、時には深く悩んでしまうことって、きっと誰にもありますよね。

そんなときに、少しでも発想の転換や勇気を感じるキッカケになればいいなぁと思い、今日は世界最高齢プログラマーの若宮正子さんについてお話させてください。

Over 80歳の世界最高齢プログラマー

  • 60代でパソコンを始め、81歳でスマートフォンのゲームアプリ『hinadan』を開発。

  • 2017年、アップル社CEOも絶賛し、WWDC(Worldeide Developers Conference(世界開発者会議)アップル社が毎年開催する)に招待される。

  • エクセルアートを考案。

  • 「人生100年時代構想会議」の構成メンバーに抜擢される。


パソコンというと、ある一定の年齢層以上の方々には、とかく敬遠されがちな分野であるにもかかわらず、60歳を超えて躊躇なく飛び込み、とうとう81歳でゲームアプリまで作ってしまいました。

60代でパソコンと出会う

パソコンとの出会いは60代で、お母様の介護をしているときにたまたま読んだ本がキッカケでした。

「パソコンでネット(パソコン通信)につながれば、家を一歩も出ないでも、世界とつながることができる」
「介護に家にいなくちゃならない私でも、外とつながることができるんだ! 私もパソコンを使って、ネットにつながってみたい!」

引用元:若宮正子『明日のために、心にたくさん木を育てましょう。』

と、考えたのだそうです。
そして、ネットにつながるための勉強をし、3ヵ月後にやっとつながったときには

涙が出るくらい嬉しかった

引用元:若宮正子『明日のために、心にたくさん木を育てましょう。』

と表現しています。
これが、若宮さんとパソコンの「運命の出会い」ですね。

81歳でゲームアプリを開発/基礎知識よりもやりたいと思ったことをやるために必要な知識から

いったいどんなふうに、そこまでのスキルを身につけたのか、気なりますよね?
多くの人は、何か新しいスキルを身に付けようとするとき、まずは基礎知識からきっちり学ばなければいけない、と考えがちではないかと思います。
でももしかすると、これが途中で飽きてしまう原因なのかもしれません。

若宮さんの場合は、ご自身がやりたいと思ったことを達成するために必要な知識から学んでいくのだそうです。
iPhoneのゲームアプリ『hinadan』の開発をしたときも、プログラミングの基礎はほとんど勉強していなかったといいます。

その時々で、自分が知りたいと思うことを知るために勉強するということは、きっと吸収も早いだろうし、楽しいですよね。

そうやって、まずいちばんやりたかったことを達成したら、次は「もうちょっと勉強してみたいな」っていう気持ちが湧いてくるんです。

引用元:若宮正子『明日のために、心にたくさん木を育てましょう。』

著書『明日のために、心にたくさん木を育てましょう』

あなたは、あなたの心の中に何本の木を持っていますか?
私はインターネットの木、旅行の木、ピアノの木、エクセルアートの木、プログラミングの木、大切な友達の木、その他たくさんの木を持っています。これらの木は最初、私の中に芽生えた小さな種子から始まります。その小さな種子に水をやり、大きくしていって、そのうちに葉が茂り、実がなって、大きな木になる。

若宮正子『明日のために、心にたくさん木を育てましょう。』

この本には、キラキラと輝く若宮さんの生き方が書かれています。
その固定観念に縛られない自由な発想や行動力の中に、私たちが楽しく生きるためのメッセージがたくさん散りばめられています。

「あー、そんなこと気にしなくていいんだ」と思わせてくれます。

エクセルアートがギッシリ詰まった本『マーちゃんのパソコンで手芸: ExcelでArtを楽しもう2019』

シニアの方向けのパソコン教室で、ワクワクするような教材を考えていて出来たのが、エクセルアートだそうです。セルに色をつけたり、罫線の種類を変えたり。
自分自身でオンリーワンのうちわやブックカバーを作ることができるんですね。
それだけではなく、なんと、エクセルアートを印刷した生地を縫製して洋服まで作ってしまいます。

ぜひ一度見てみてください!

「人生100年時代構想会議」に参加

人生100年時代を見据えた経済・社会システムを実現するための政策のグランドデザインに係る検討を行うために設置されました。ここに有識者として参加されています。

首相官邸
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/jinsei100nen/index.html

まとめ

若宮さんにとって、有り余っているものは「好奇心」、足りないものは「時間」だそうです。


時間は有限です!
興味があること、気になっていること、やりたいことは、まずはやってみましょう。
行動してみて、それを続けるかどうかは、後から決めればいいじゃないですか。
今が何歳であったとしても。


では、また。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました